ムラケンの小部屋(ブログ)

アスリートケア

2017.08.04

【ド・ケルバン病】沼津市からお越しの40代男性。大事な試合まで1週間とちょっと

 真夏に暑い暑い言うてると余計に暑さを助長しますのでお気をつけください


こんにちわ。ムラケンはりきゅう整骨院です

今回の症状は【ド・ケルバン病】について悩む患者さんのケースについての症例報告をしたいと思います。ド・ケルバン病って何?まるでドイツのブンデスリーガーの様な名前ですが・・・実は意外にもこの診断名を受ける人も多いです。俗に言う「腱鞘炎」と言うやつですね。統計的に見ると女性の方がなる確率が多いとのことですが、今回は40代の男性です。親指の下のあたりに指を動かす腱がついてくるのですがそこに拇指や他の指の使用頻度が多くなると腱を包むトンネルの様な構造の物と腱との摩擦力が大いにかかり炎症を起こして痛みが出ます(ざっくりです。あくまで一般の方にわかる様にざっくり説明しておりますので悪しからず)痛みが酷ければお医者さんにいって患部に注射を打たれたり、もっと症状が酷くなれば場合によっては手術をしなければならなかったりもします。

この症状で苦しんでいられる方は結構いらっしゃいます。

今回の患者さんは7/27に来院し、実は8/6にどうしても出なければいけない野球の大会があるのでそこまでになんとかなりますか?と言う切実な思いを持って問い合わせしていただき来院されました。

来院されて腕の状態を診て見ると前腕の部分がかなりパンパンになって筋肉を押しても凄い硬い状態でした。これだけ前腕の筋肉が硬ければ腱にかかるテンションも相当な物でしょうね

このド・ケルバン病の診断をするかどうかのテストでフィンケルシュタインテストやアイヒホッフテストなどが一般的ですが(なんのこっちゃ解らない方は検索するとすぐに出てきますので調べてみてください)当院に来院された患者さんもまさにそのテストで痛みが出てものの見事にお医者様に「手はあまり使うな、できるだけ休め!」とのまるで頑固オヤジの小言の湯飲みに出てきそうな一言的な指示を受けたそうです。それはそうですよね。痛いのですから。でもその患者さんは1週間後に行われる野球の大会にどうしても出なくてはいけない!という強い気持ちを持っていたのでそれを優先してあげたい!と思いこちらでできる限りのことはさせていただきます!と言うことでまず治療を開始しました

初診が

7/27

二回目が

7/29

三回目が

8/3

計3回の治療で大会に出れるところまで持っていく治療計画を組みました

治療を受ける前は物を握る時に痛い、時を書く時に痛い、顔を洗うときも痛い。野球時にバットをスイングする時に患部に激痛、まぁ痛い痛いのオンパレードでしたが、初回の治療で物を持つ様な負荷をかける動作での痛みがなくなりました。バットでのスイングの痛みはまだ消えず。2回目の治療では1回目の治療の時よりも楽になりバットのスイングも痛みは伴うが振り抜ける様になってきました。3回目の治療で更に痛みは楽になり日常生活では殆ど痛みを感じることなく生活ができる様になってきたと報告を受けましたが、まだフィンケルシュタインテストでの痛みが残りバットのスイング時にも痛みが多少出る感じがありました。よ~~く治療しながら観察していくとその痛んでる手首の関節付近の痛みとは遠い遠い肩関節周辺の動きがとても悪いことに気がつきました。当院では「患部は患部にあらず」と言う言葉を患者さんに使いますがとにかく人間の体というものは筋肉、もしくは靭帯、最近で流行りという所の筋膜というもので繋がってます。そこで患部の治療はもちろんですが各関節その動きの悪いところは必ず調整します。動かないところは動きをつけさせてフィードバックをさせるという施術も行います(なんども言いますがあくまでわかりやすい様にざっくり説明してますw)

ちょっと熱く語ってしまいました

3回目でもなかなか抜けないフィンケルシュタイテスト時の手関節近辺の痛み。最終的に肩甲骨の動きをだし、大胸筋の筋硬結をリリース(緩め)し前鋸筋、広背筋、様々な肩関節周辺にアプローチをかけました。そうしたらどうなったと思いますか?はい!痛み取れました。なかなか抜けない痛みがスコン!と取れました。患者さんもびっくりされました。フィンケルシュタインテスト痛なし、タオルを持ってのシャドウ投球動作での痛みなし、シャドウでのバッティング動作も痛みなし!!!8/6は土曜ですがなんとか試合に間に合いそうです。来院された患者さんも本当に喜んでいただきました。その患者さんが楽しくプレイできることを願います

選手の気持ちに応えたい

選手の気持ちを尊重したい

当院は

肉離れしても積極的にアプローチします。2~3回の治療で現場に戻れる様に計画を立てます

シンスプリントなどのスネの骨の内側の痛みにも積極的にアプローチします

突き指などの地味な症状も固定はせずその場で改善できる様に施術します

腰痛ばかりでなく他の症状もきちんと対応しておりますのでいつでも気軽にご連絡ください。今日も長い文章お読みいただきありがとうございます

ムラケンはりきゅう整骨院

0120-208-323

2017.07.29

【捻挫治療】清水町からお越しの高校野球選手がまさかの大会二日前に捻挫。大会には間に合うのか?

 【燃えろ!!熱闘高校野球!!!】

こんにちは。ムラケンはりきゅう整骨院です。
各地で高校野球の甲子園に出場する為の予選が行われていますね
そんななか、静岡県の高校野球選手権大会本番二日前にまさかの捻挫を受傷。高校3年生でここまで頑張ってきて最後の大会なのにその前にアクシデントで捻挫の受傷。もしかしたら大会に出ることができないかもしれない・・・という状況まで追い込まれました。院に連絡があり「先生。なんとかなりませんか?」保護者さんから神妙な面持ちで相談されました

皆さんは捻挫の治療と言ったらどういうことを想像されますか?昔から捻挫の治療や外傷治療などは「RICE」処置といって

  • Rest(安静)-活動の停止
  • Ice(アイシング)-患部の冷却
  • Compression(圧迫)-患部の圧迫
  • Elevation(挙上)-患部の挙上
    が基本になりますが
    選手の状態をみて、実際その処置をしていたらこの大会には間に合わないと判断しました
    ではどうするのか?当院では捻挫、肉離れ、突き指などの外傷も特別治療を行います

    この選手の治療も実際にはアイシングもしません。固定もしません。ハイボルテージなどの電気もかけません。そうです!やることは一つ。手技で回復させ選手をいち早く現場復帰させることです。選手が試合に出たいという気持ちがあるのなら、その試合に出れるように必死に治療するだけです。当然、全く固定はしないといういう訳ではなく、今回のケースを見る限りでは固定はしなくてもいける!と判断しました

    選手が痛みを感じる自覚レベルは7/10・・・7というとかなり痛いですよね
    来院時は普通に歩行はできる。でも段差の昇り降りとダッシュする時と踏ん張った時に痛みがでる状態でした。選手のポジションはショートとストッパーという大変重要なポジションです。高校3年間必死で練習も試合もしてきてここに来て怪我で最後の大会に出られないなんてことになったら後悔だけが残りますよね。

    当院でやれることは全部やりました
    必死で治療しました
    痛みがなんとか取れるように
    試合に出れるように

    炎症を引かせる手技、足根骨のズレを調整、右足首の靭帯が損傷していたのでそこにアプローチ、捻挫をした際に痛めた関連する筋に対してのアプローチを行いました。施術後だいぶ痛みも引いて段差の昇り降りもできるようになりました。

    保護者の方から連絡いただいたのが木曜の夜、金曜の朝一番で来院し、その日の夜に治療した選手から連絡が来ました
    「先生。治療してもらったあとはまだ痛みが少し残っていたんですけど、嘘みたいに昼頃から痛みが引いて来て学校終わってから部活だったのでそのまま練習してみたら全く痛くなかったです。いけそうです。これで大会には出れそうです。本当にありがとうございました」

    ・・・

    なんと嬉しい報告でしょうか
    自分達もその気持ちで、その想いで治療をしてます
    動画も載せておきますのでご覧ください

    捻挫、肉離れ、スポーツ外傷などで困っていませんか?
    過去に肉離れの経験がある方も同じです
    肉離れのあとはその傷を修復する過程で怪我した箇所がとても硬くなっている状態になる場合が多いです。捻挫に関しても過去に大きい捻挫などをすると足の関節がズレたまま生活を送ってしまうことも少なくはないです。そういうのが原因で腰痛になったり、酷い肩こりで悩まされたりするケースも多々あります。普段感じてる違和感、スポーツ時のパフォーマンス力の低下などはそういうところが原因かもしれませんね。


    一度当院にご相談ください。先生。こんな症状なんですけどどうですか?などの気軽な相談でも全然構いません
    ムラケンはりきゅう整骨院
    ☎︎0120-208-323


2017.06.06

清水町からお越しの10代陸上部女子高校生。大会前のシンスプリントの痛みに苦しむ

 この駿東郡清水町を施術を通して皆様に健康になっていただくことで地域貢献いたします

ムラケンはりきゅう整骨院です

今回はスポーツ外傷の症例報告になります

当院は成長痛(オスグッド、セーバー病、有痛性外脛骨)やシンスプリント、捻挫、肉離れ、地味なところで言えば突き指、腱鞘炎、テニス肘、野球肘などの治療にも力を入れております。

当院がオープンしたのは2013年7月10日ですが
オープン当初からずっと体のケアの為に来院されてるアスリートの患者さんもいらっしゃいます。この患者さんは中学1年から陸上部に所属し事あるごとに院を利用していただき大事な大会の前にはきちんとケアをしたり、疲労がたまるとその疲労を抜く為にも定期的に通ってくださるとても大事な患者さんです。ここまでの付き合いとなるとお互いの信頼関係も生まれてるのである程度の話を聴くとどの辺りに異常がありどの部分を調整したらいいのかがすぐにわかったりします

ついこの間の話ですが
その彼女が中学を卒業し高校1年になりました
高校へ行っても陸上を続ける事を決意し入部し毎日の練習に明け暮れていました。高校に入って初めての大会前。彼女の発症した症状は「スネの骨の内側が痛む陸上選手などによく起こるシンスプリント」という症状でした。大会1週間前に発症で痛みも強い。1週間の経過をお伝えすると、月曜に来院。来院時に歩行時の痛み、屈伸時の痛み、ジャンプ時の痛みなどなど、どの動作でも痛みを感じる状態。ふくらはぎを触ってみるとはち切れそうな位パンパンに張ってしまってる状態。これでは痛みを感じるのも無理ない状態。高校入って初めての大会。期待もされている。自分も出たい!!!ではどうするか?やるしかないでしょう!治療するしかないでしょう!間に合わせるしかないでしょう!!

シンスプリントやその他使いすぎによる痛みなどのケースは大体が足の使い方、足関節、膝関節、股関節の運動連鎖がうまく起こっていない場合が多いです。ですのでまずは足関節から順に調整をかけ股関節、最終的に頸部まで、動かない関節、動きの悪い関節をちゃんと動くように、動かせるように施術します

次回の来院はその週の木曜日。様子をうかがってみるとだいぶ痛みも引いてきて走れるとの事でした
前回同様に施術します。結果の出ている治療なので引き続きよくなるように治療法を、調整の仕方を変えないで施術しました。2回目の治療で痛みもなく軽さを脚全体に感じるとの事。その患者さんの傾向としてはとにかく左側の足底の重心が外側に流れやすくどうしても負担がかかる場所が決まってきてしまいます。そのクセをただす施術を行いました

大会の日。競技が終わったあとに報告がきました
あの状態にも関わらずなんと本番当日
自己ベストいきなり更新。東海大会出場も決めてここぞと言う時に結果を出しました。当院としても本当に喜ばしい事です。アスリートだろうが慢性疾患だろうがやることはかわりません。施術を通して皆様の生活がより良いものになれば幸いです。


長文ですがお読みいただきありがとうございました

2017.05.09

10代サッカー選手。練習中に腰痛に!!

三度の飯より腰痛治療が大好き!!
駿東郡清水町で腰痛治療の研究ばっかりしております

ムラケンはりきゅう整骨院副院長の西川です!! 

今回はサッカー選手の腰痛です。

高校のサッカー部に所属する男の子がサッカーの練習中に腰痛になり来院されました。         元々腰にに違和感があったようですが、ダッシュをした時に痛みが出たようです。           次の日から連休に入り公式戦が続くようでなんとかして欲しい!!基本腰痛治療は3回〜5回を目安に治療を行っていきます、明日にはと言われるとプッレシャーがかかりますね〜(笑)            でも自分も中学、高校と怪我で思うようにプレーできず、悔しい思いをしたので気持ちをすごくわかりますなのでなんとかしてあげたいと思いました!!

検査では前屈、後屈が痛く、可動域も狭かったです。痛みレベルは10段階中6、触診しても患部はガチガチに固まっていました。骨盤の歪みも強くあったのでまずは人間の土台となる骨盤から調整しました。それから全体の調整、痛みは少し残りましたが可動域はかなり広がっていました。これだけでもかなり喜んでいましたが思いっきりプレーをするためにあと少しの痛みを取らないといけません。腰を触るとまだ硬かったので患部に直接アプローチする施術をしました。すると痛みは無くなりました6あった痛みが0に、、、今回のケースはいろんな原因の兼ね合いで腰痛が起こったパターンだと思いす。            後日来院時に試合中も痛みはなくプレーができたとことでした。痛みが出ない体作りをして行くのも当院の役目だと思っていますので食生活、生活習慣、ストレッチ指導も行いました。

今回のケースは1回で良くなりましたが、誰もがこのような治療効果を得られる訳ではありません。

当院にいらして頂いた際にきちんとご説明しますが

一回でよくなる方もいらっしゃれば
そうでない方もいらっしゃいます
100人いれば100通りの歪み方があります
回復のパターンも同じです。

治療効果は人それぞれ違います。誰もがこのような治療効果を得られる訳ではありませんが患者様1人1人の痛みが消えるまで全力で治療をしていきます。

清水町から
三島から
沼津から
静岡県東部から
腰痛が0になるまで
当院は力を注ぎたいと思います。

最後までご視聴ありがとうございます。

2016.09.27

初めまして始めました

当ホームページに訪れていただきありがとうございます

「静岡県から腰痛で苦しむ患者を0にしたい」
この想いで施術してます

当院は予約制で治療をお受けしてます
そのため日々多くの患者さんが紹介でいらしてくれます

これから日常施術してる中で気付いたことや
症例報告などをこのブログで紹介できたらと思います

どうぞよろしくお願いいたします♪( ´▽`)

お知らせ

2017.10.20

ぎっくり腰】沼津市からお越しの50代女性ギックリ腰で来院されました。

2017.10.19

【絶対負けられない戦いがある!】沼津市からお越しの40代男性がひどい腰痛で来院

2017.10.04

【ギックリ腰】駿東郡清水町からお越しの30代男性 腰痛で来院されました。

2017.09.25

沼津市からお越しの40代男性が今までにないほどの腰痛で来院しました。

2017.09.09

【ギックリ腰】御殿場市からお越しの40代男性の施術を行い、記事しました。

ムラケンはりきゅう整骨院のご案内

住  所: 〒411-0918 静岡県駿東郡清水町湯川122-17
アクセス: JR東海道線三島駅と沼津駅から車で15分

お問い合わせ・ご予約

TEL. 0120-208-323
[受付時間] 平日 9:00~13:00/15:00~20:00 土曜日 9:00~15:00
[定休日] 日曜・祝日

メールでのお問い合わせはこちら