• ホーム
  • ムラケンの小部屋(ブログ)

ムラケンの小部屋(ブログ)

2017.08.08

【五十肩】函南町からお越しの50代女性 じっとしてても肩に激痛!!

台風のニュースが多くなってきて、台風の時期がやってきました。
みなさま台風情報をしっかりチェックして、雨、風に十分注意してくださいね。

こんにちは!!ムラケンはりきゅう整骨院の西川です。
今回は腰痛ではなく【五十肩】について書きたいと思います。

今回は50代女性の患者様が左肩に激痛が走るようで来院されました。
当院に来る前の日に整形外科の方に受診し五十肩と診断をされ、リハビリなど行っても良くなるのに2年くらいかかるかもしれないと言われたようでした。相当ひどいようでじっとしてても肩のジンジンと痛みがあり、動かせば激痛が走るようでした。寝るのも一苦労、、横になれたと思ったら寝返りが痛くてできないようでした。
来院時はじっとしてても痛い、検査でバンザイをしてもらったところ90°あたりで止まり痛みも増すようでした。
お仕事をやめようかなと思っているとすごく悩んでいて、なんとかしてあげたいと思い治療を始めました。
ですが、状態を見る限り1回の治療では痛みは取れないと思い、4、5回計画で治療を進めて行きたいと伝えました。

まずは痛いのですが、動かさないとどんどん固まって動かなくなって行くので肩の可動域が広げるため骨盤周り、足元、肩周りも動く範囲でできる施術を行いました。施術後、肩は150°くらいまで上がりましたが痛みはまだまだ強いようでしたが可動域が広がっているので動く範囲でできる運動をお家などで行ってもらう為運動を教え、次回来院までに行ってもらいました。
2回目の来院時には痛みがあるものの可動域はキープできていたので肩周辺の治療を行うことができました。肩、肩甲骨周り、胸部の筋肉にアプローチをしました。肩は左右差がほぼないほど動くようになり痛みも減っていました。
3回目も骨盤周り、肩周りをしっかり調整して可動域もまた広がっているので違った手技を入れることができました。すると痛みは消え、動かしても痛くない!!
4回目の来院時は全く痛くないとグイグイ動かして見せてくれました。
病院には2年かかると言われたのに!!とびっくりしていました。
旅行も痛みを忘れて楽しめ、仕事も大丈夫とのことでやめることも覚悟していたみたいですが続けられると大変喜ばれていました。
この先どーなるんだろうと不安な気持ちでいっぱいになっていました。その不安を取り除くことができお役に立てたことが僕もすごく嬉しく思いました。

今回は4回と計画的に治療ができました。
もちろん1回で良くなるのがベストですが、症状によっては数回の治療かかるケースもあります。
しっかり患者様に計画プランを伝え患者様に寄り添って施術を行っております。

腰痛、腰痛と腰痛ばっかりですが、腰だけではなく肩、首、手足、気になるところはなんでも大丈夫なのでご相談ください。

これからも
清水町から
三島から
沼津から
静岡県東部から
腰痛が0になるまで
当院は力を注ぎたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

2017.08.04

【ド・ケルバン病】沼津市からお越しの40代男性。大事な試合まで1週間とちょっと

 真夏に暑い暑い言うてると余計に暑さを助長しますのでお気をつけください


こんにちわ。ムラケンはりきゅう整骨院です

今回の症状は【ド・ケルバン病】について悩む患者さんのケースについての症例報告をしたいと思います。ド・ケルバン病って何?まるでドイツのブンデスリーガーの様な名前ですが・・・実は意外にもこの診断名を受ける人も多いです。俗に言う「腱鞘炎」と言うやつですね。統計的に見ると女性の方がなる確率が多いとのことですが、今回は40代の男性です。親指の下のあたりに指を動かす腱がついてくるのですがそこに拇指や他の指の使用頻度が多くなると腱を包むトンネルの様な構造の物と腱との摩擦力が大いにかかり炎症を起こして痛みが出ます(ざっくりです。あくまで一般の方にわかる様にざっくり説明しておりますので悪しからず)痛みが酷ければお医者さんにいって患部に注射を打たれたり、もっと症状が酷くなれば場合によっては手術をしなければならなかったりもします。

この症状で苦しんでいられる方は結構いらっしゃいます。

今回の患者さんは7/27に来院し、実は8/6にどうしても出なければいけない野球の大会があるのでそこまでになんとかなりますか?と言う切実な思いを持って問い合わせしていただき来院されました。

来院されて腕の状態を診て見ると前腕の部分がかなりパンパンになって筋肉を押しても凄い硬い状態でした。これだけ前腕の筋肉が硬ければ腱にかかるテンションも相当な物でしょうね

このド・ケルバン病の診断をするかどうかのテストでフィンケルシュタインテストやアイヒホッフテストなどが一般的ですが(なんのこっちゃ解らない方は検索するとすぐに出てきますので調べてみてください)当院に来院された患者さんもまさにそのテストで痛みが出てものの見事にお医者様に「手はあまり使うな、できるだけ休め!」とのまるで頑固オヤジの小言の湯飲みに出てきそうな一言的な指示を受けたそうです。それはそうですよね。痛いのですから。でもその患者さんは1週間後に行われる野球の大会にどうしても出なくてはいけない!という強い気持ちを持っていたのでそれを優先してあげたい!と思いこちらでできる限りのことはさせていただきます!と言うことでまず治療を開始しました

初診が

7/27

二回目が

7/29

三回目が

8/3

計3回の治療で大会に出れるところまで持っていく治療計画を組みました

治療を受ける前は物を握る時に痛い、時を書く時に痛い、顔を洗うときも痛い。野球時にバットをスイングする時に患部に激痛、まぁ痛い痛いのオンパレードでしたが、初回の治療で物を持つ様な負荷をかける動作での痛みがなくなりました。バットでのスイングの痛みはまだ消えず。2回目の治療では1回目の治療の時よりも楽になりバットのスイングも痛みは伴うが振り抜ける様になってきました。3回目の治療で更に痛みは楽になり日常生活では殆ど痛みを感じることなく生活ができる様になってきたと報告を受けましたが、まだフィンケルシュタインテストでの痛みが残りバットのスイング時にも痛みが多少出る感じがありました。よ~~く治療しながら観察していくとその痛んでる手首の関節付近の痛みとは遠い遠い肩関節周辺の動きがとても悪いことに気がつきました。当院では「患部は患部にあらず」と言う言葉を患者さんに使いますがとにかく人間の体というものは筋肉、もしくは靭帯、最近で流行りという所の筋膜というもので繋がってます。そこで患部の治療はもちろんですが各関節その動きの悪いところは必ず調整します。動かないところは動きをつけさせてフィードバックをさせるという施術も行います(なんども言いますがあくまでわかりやすい様にざっくり説明してますw)

ちょっと熱く語ってしまいました

3回目でもなかなか抜けないフィンケルシュタイテスト時の手関節近辺の痛み。最終的に肩甲骨の動きをだし、大胸筋の筋硬結をリリース(緩め)し前鋸筋、広背筋、様々な肩関節周辺にアプローチをかけました。そうしたらどうなったと思いますか?はい!痛み取れました。なかなか抜けない痛みがスコン!と取れました。患者さんもびっくりされました。フィンケルシュタインテスト痛なし、タオルを持ってのシャドウ投球動作での痛みなし、シャドウでのバッティング動作も痛みなし!!!8/6は土曜ですがなんとか試合に間に合いそうです。来院された患者さんも本当に喜んでいただきました。その患者さんが楽しくプレイできることを願います

選手の気持ちに応えたい

選手の気持ちを尊重したい

当院は

肉離れしても積極的にアプローチします。2~3回の治療で現場に戻れる様に計画を立てます

シンスプリントなどのスネの骨の内側の痛みにも積極的にアプローチします

突き指などの地味な症状も固定はせずその場で改善できる様に施術します

腰痛ばかりでなく他の症状もきちんと対応しておりますのでいつでも気軽にご連絡ください。今日も長い文章お読みいただきありがとうございます

ムラケンはりきゅう整骨院

0120-208-323

2017.08.03

沼津市からお越しの20代男性仕事中にギックリ腰に

暑い、暑すぎる!!
こんにちは!!ムラケンはりきゅう整骨院副院長の西川です。
毎日暑い日が続きますね、、、、、、皆様夏バテ等は大丈夫ですか???
汗で体の水分が失われがちです。体の7割は水分と言われています。その水分が少ないと体のいろんなところに影響が出ますので皆さん水分補給はしっかり行ってくださいね!

さて今回のテーマもギックリ腰です。
最近ギックリ腰の患者様が多く来院されていますが、寒くないのになるの??と聞かれますが暑い、寒い関係なく筋肉が固い状態、骨盤の歪みがひどければ夏とか関係なくギックリ腰、腰痛になります。

今回の患者様は仕事中、中腰で作業を行っていて立ち上がろうとした際ギックリ腰になったようでした。
この2ヶ月間の間に3回ギックリ腰になっているようで、電気、鍼を受けたようでしたが変わらないようでした。今回は仕事にならないほど痛みが強いようで、痛みレベルが10/10!!来院前横になっていて少し痛みは減ったようでしたがそれでもかなりの痛みのようでした、、、、、。

姿勢が普段から悪いと自覚があるようでしたので、鏡を見てもらいながら姿勢をチェックしたところ肩の高さが左右で違っていてご本人様も見てわかるくらい歪んでいました。
慢性的にこの歪みはあると思います。このひどい歪みがあるので何度もギックリ腰を繰り返していると考えられます。まずはこの歪みから調整をしました。

始める際ベットに寝るだけでも痛みが出ていて、寝返りで痛みが出るようでした。
骨盤を歪めている骨盤周りの筋肉、特に太ももの前の筋肉をしっかり調整しました。
施術を進めて行くうちにどんどん痛みは減って行き寝返り、ベットから起きるのはスムーズにできるようになりました。
最骨盤調整をメインに行い最終的に10あった痛みが1になったようでした。最後に腰の老廃物がたまり、硬くなりやすい所があるのでそこを調整した所1が0になり、動かしても痛みは出ないとのことでした。
仕事に行けると喜んでいました。
歪みは体が覚えています。調整しても戻りやすくなりますので歪まないよう普段生活で気をつけて頂くことと1回で痛みは取れましたが、なるべく間隔を詰めて来院してケアをもらうようアドバイスをさせていただきました。
ギックリ腰になる原因はそれぞれ違います。この患者様のように歪みを調整することで良くなる人もいれば違う原因で違う施術で回復される方もいます。一人一人にあった治療方を見極めてその人にあった治療を行って参ります。
回復されるスピードも人それぞれ違います。3、4回目で回復される方ももちろんいっらしゃいます。痛みが消えるまで全力でサポートいたします。
どんな症状でも構いません!!気になることがありましたらご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

2017.07.31

三島市からお越しの30代男性 朝起きたら腰に痛みで来院

3度の飯より腰痛治療が大好き!!
駿東郡清水町で腰痛治療の研究ばかりしております

ムラケンはりきゅう整骨院副院長の西川です。

今回は慢性的に腰痛があり、ある日を界にギックリ腰??と痛みがひどくなったと来院せれました。
この患者様ですが高校生と時から腰が悪く、それからずっと腰痛と付き合ってきたようで
今回は朝目覚めたら腰がかなり痛く、動かすと痛みが増すようでした。
来院時には痛みは少しは減ったようですが、前かがみ、後ろに反る動作で痛みが出ていました。

仕事も痛みがあり思うようにできず、寝返りで痛むのでうまく寝付けないようで困っていました。

姿勢のチェックをすると骨盤からかなり歪んでいました。

足の筋肉の硬さが強く、硬さのバランスが左右で違いがありました。
足の筋には骨盤につくものもあるので左右のバランスが違うので骨盤が歪んでしまいます。
この状態で腰をほぐしても痛みがとれないことが多いです。
根本的な治療を行っていきたいので腰ではなく足から行っていきました。特に太ももの前の筋肉をしっかり調整をしました。足を中心に調整をしたところ寝返りなどうっても痛みは消えました。
前かがみ、後ろに反る動作はできるようになっていましたが、最後まで行くと痛みがでるようなので
骨盤の動きが正しく動いていないのでしっかり動くように運動を入れた施術を行ったところ腰痛は消え、体も柔らかくなっていました。
いろんな動作を行ってもらいましたがグイグイ動かしても大丈夫でした。

慢性的に腰痛があるので普段から骨盤は歪みが強いと予測されます。今までと同じように生活していてはまた同じことの繰り返しになってしまいますので、普段での生活で気をつけることをアドバイスさせていただきギックリ腰にならないように、また慢性的な腰痛も改善に向かうようにしていきたいです。

当院は患者様1人1人に合わせた治療を提供して行きたいと思います。

これからも
清水町から
三島から
沼津から
静岡県東部から
腰痛が0になるまで
当院は力を注ぎたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。

2017.07.29

【捻挫治療】清水町からお越しの高校野球選手がまさかの大会二日前に捻挫。大会には間に合うのか?

 【燃えろ!!熱闘高校野球!!!】

こんにちは。ムラケンはりきゅう整骨院です。
各地で高校野球の甲子園に出場する為の予選が行われていますね
そんななか、静岡県の高校野球選手権大会本番二日前にまさかの捻挫を受傷。高校3年生でここまで頑張ってきて最後の大会なのにその前にアクシデントで捻挫の受傷。もしかしたら大会に出ることができないかもしれない・・・という状況まで追い込まれました。院に連絡があり「先生。なんとかなりませんか?」保護者さんから神妙な面持ちで相談されました

皆さんは捻挫の治療と言ったらどういうことを想像されますか?昔から捻挫の治療や外傷治療などは「RICE」処置といって

  • Rest(安静)-活動の停止
  • Ice(アイシング)-患部の冷却
  • Compression(圧迫)-患部の圧迫
  • Elevation(挙上)-患部の挙上
    が基本になりますが
    選手の状態をみて、実際その処置をしていたらこの大会には間に合わないと判断しました
    ではどうするのか?当院では捻挫、肉離れ、突き指などの外傷も特別治療を行います

    この選手の治療も実際にはアイシングもしません。固定もしません。ハイボルテージなどの電気もかけません。そうです!やることは一つ。手技で回復させ選手をいち早く現場復帰させることです。選手が試合に出たいという気持ちがあるのなら、その試合に出れるように必死に治療するだけです。当然、全く固定はしないといういう訳ではなく、今回のケースを見る限りでは固定はしなくてもいける!と判断しました

    選手が痛みを感じる自覚レベルは7/10・・・7というとかなり痛いですよね
    来院時は普通に歩行はできる。でも段差の昇り降りとダッシュする時と踏ん張った時に痛みがでる状態でした。選手のポジションはショートとストッパーという大変重要なポジションです。高校3年間必死で練習も試合もしてきてここに来て怪我で最後の大会に出られないなんてことになったら後悔だけが残りますよね。

    当院でやれることは全部やりました
    必死で治療しました
    痛みがなんとか取れるように
    試合に出れるように

    炎症を引かせる手技、足根骨のズレを調整、右足首の靭帯が損傷していたのでそこにアプローチ、捻挫をした際に痛めた関連する筋に対してのアプローチを行いました。施術後だいぶ痛みも引いて段差の昇り降りもできるようになりました。

    保護者の方から連絡いただいたのが木曜の夜、金曜の朝一番で来院し、その日の夜に治療した選手から連絡が来ました
    「先生。治療してもらったあとはまだ痛みが少し残っていたんですけど、嘘みたいに昼頃から痛みが引いて来て学校終わってから部活だったのでそのまま練習してみたら全く痛くなかったです。いけそうです。これで大会には出れそうです。本当にありがとうございました」

    ・・・

    なんと嬉しい報告でしょうか
    自分達もその気持ちで、その想いで治療をしてます
    動画も載せておきますのでご覧ください

    捻挫、肉離れ、スポーツ外傷などで困っていませんか?
    過去に肉離れの経験がある方も同じです
    肉離れのあとはその傷を修復する過程で怪我した箇所がとても硬くなっている状態になる場合が多いです。捻挫に関しても過去に大きい捻挫などをすると足の関節がズレたまま生活を送ってしまうことも少なくはないです。そういうのが原因で腰痛になったり、酷い肩こりで悩まされたりするケースも多々あります。普段感じてる違和感、スポーツ時のパフォーマンス力の低下などはそういうところが原因かもしれませんね。


    一度当院にご相談ください。先生。こんな症状なんですけどどうですか?などの気軽な相談でも全然構いません
    ムラケンはりきゅう整骨院
    ☎︎0120-208-323


ムラケンはりきゅう整骨院のご案内

住  所: 〒411-0918 静岡県駿東郡清水町湯川122-17
アクセス: JR東海道線三島駅と沼津駅から車で15分

お問い合わせ・ご予約

TEL. 0120-208-323
[受付時間] 平日 9:00~13:00/15:00~20:00 土曜日 9:00~15:00
[定休日] 日曜・祝日

メールでのお問い合わせはこちら