ムラケンの小部屋(ブログ)

2017.08.04

【ド・ケルバン病】沼津市からお越しの40代男性。大事な試合まで1週間とちょっと

 真夏に暑い暑い言うてると余計に暑さを助長しますのでお気をつけください


こんにちわ。ムラケンはりきゅう整骨院です

今回の症状は【ド・ケルバン病】について悩む患者さんのケースについての症例報告をしたいと思います。ド・ケルバン病って何?まるでドイツのブンデスリーガーの様な名前ですが・・・実は意外にもこの診断名を受ける人も多いです。俗に言う「腱鞘炎」と言うやつですね。統計的に見ると女性の方がなる確率が多いとのことですが、今回は40代の男性です。親指の下のあたりに指を動かす腱がついてくるのですがそこに拇指や他の指の使用頻度が多くなると腱を包むトンネルの様な構造の物と腱との摩擦力が大いにかかり炎症を起こして痛みが出ます(ざっくりです。あくまで一般の方にわかる様にざっくり説明しておりますので悪しからず)痛みが酷ければお医者さんにいって患部に注射を打たれたり、もっと症状が酷くなれば場合によっては手術をしなければならなかったりもします。

この症状で苦しんでいられる方は結構いらっしゃいます。

今回の患者さんは7/27に来院し、実は8/6にどうしても出なければいけない野球の大会があるのでそこまでになんとかなりますか?と言う切実な思いを持って問い合わせしていただき来院されました。

来院されて腕の状態を診て見ると前腕の部分がかなりパンパンになって筋肉を押しても凄い硬い状態でした。これだけ前腕の筋肉が硬ければ腱にかかるテンションも相当な物でしょうね

このド・ケルバン病の診断をするかどうかのテストでフィンケルシュタインテストやアイヒホッフテストなどが一般的ですが(なんのこっちゃ解らない方は検索するとすぐに出てきますので調べてみてください)当院に来院された患者さんもまさにそのテストで痛みが出てものの見事にお医者様に「手はあまり使うな、できるだけ休め!」とのまるで頑固オヤジの小言の湯飲みに出てきそうな一言的な指示を受けたそうです。それはそうですよね。痛いのですから。でもその患者さんは1週間後に行われる野球の大会にどうしても出なくてはいけない!という強い気持ちを持っていたのでそれを優先してあげたい!と思いこちらでできる限りのことはさせていただきます!と言うことでまず治療を開始しました

初診が

7/27

二回目が

7/29

三回目が

8/3

計3回の治療で大会に出れるところまで持っていく治療計画を組みました

治療を受ける前は物を握る時に痛い、時を書く時に痛い、顔を洗うときも痛い。野球時にバットをスイングする時に患部に激痛、まぁ痛い痛いのオンパレードでしたが、初回の治療で物を持つ様な負荷をかける動作での痛みがなくなりました。バットでのスイングの痛みはまだ消えず。2回目の治療では1回目の治療の時よりも楽になりバットのスイングも痛みは伴うが振り抜ける様になってきました。3回目の治療で更に痛みは楽になり日常生活では殆ど痛みを感じることなく生活ができる様になってきたと報告を受けましたが、まだフィンケルシュタインテストでの痛みが残りバットのスイング時にも痛みが多少出る感じがありました。よ~~く治療しながら観察していくとその痛んでる手首の関節付近の痛みとは遠い遠い肩関節周辺の動きがとても悪いことに気がつきました。当院では「患部は患部にあらず」と言う言葉を患者さんに使いますがとにかく人間の体というものは筋肉、もしくは靭帯、最近で流行りという所の筋膜というもので繋がってます。そこで患部の治療はもちろんですが各関節その動きの悪いところは必ず調整します。動かないところは動きをつけさせてフィードバックをさせるという施術も行います(なんども言いますがあくまでわかりやすい様にざっくり説明してますw)

ちょっと熱く語ってしまいました

3回目でもなかなか抜けないフィンケルシュタイテスト時の手関節近辺の痛み。最終的に肩甲骨の動きをだし、大胸筋の筋硬結をリリース(緩め)し前鋸筋、広背筋、様々な肩関節周辺にアプローチをかけました。そうしたらどうなったと思いますか?はい!痛み取れました。なかなか抜けない痛みがスコン!と取れました。患者さんもびっくりされました。フィンケルシュタインテスト痛なし、タオルを持ってのシャドウ投球動作での痛みなし、シャドウでのバッティング動作も痛みなし!!!8/6は土曜ですがなんとか試合に間に合いそうです。来院された患者さんも本当に喜んでいただきました。その患者さんが楽しくプレイできることを願います

選手の気持ちに応えたい

選手の気持ちを尊重したい

当院は

肉離れしても積極的にアプローチします。2~3回の治療で現場に戻れる様に計画を立てます

シンスプリントなどのスネの骨の内側の痛みにも積極的にアプローチします

突き指などの地味な症状も固定はせずその場で改善できる様に施術します

腰痛ばかりでなく他の症状もきちんと対応しておりますのでいつでも気軽にご連絡ください。今日も長い文章お読みいただきありがとうございます

ムラケンはりきゅう整骨院

0120-208-323

お知らせ

2017.11.13

【背中、首】清水町からお越しの30代女性が背中、首の痛みで来院

2017.11.06

【ギックリ腰】三島市からお越しの20代男性 腰痛で来院されました。

2017.10.27

【腰痛】三島市からお越しの60代女性が長年お困りの腰痛で来院

2017.10.20

ぎっくり腰】沼津市からお越しの50代女性ギックリ腰で来院されました。

2017.10.19

【絶対負けられない戦いがある!】沼津市からお越しの40代男性がひどい腰痛で来院

ムラケンはりきゅう整骨院のご案内

住  所: 〒411-0918 静岡県駿東郡清水町湯川122-17
アクセス: JR東海道線三島駅と沼津駅から車で15分

お問い合わせ・ご予約

TEL. 0120-208-323
[受付時間] 平日 9:00~13:00/15:00~20:00 土曜日 9:00~15:00
[定休日] 日曜・祝日

メールでのお問い合わせはこちら